芸人として活躍する一方、ルポライターやコメンテーターなどジャンル横断的に活躍。熱狂的な活字マニアとして知られる水道橋博士は『週刊プレイボーイ』をどのように読んできたのか?

エロ話に花が咲いた前編記事に引き続き、“ちゃんと”具体的な記事に言及しながら進んだ後編をお届けします。博士が考える「週プレイズム」とは? 雑誌文化にかける偏愛にまで迫る。

****************

―博士の過去の発言をさかのぼると、アントニオ猪木と前田日明の対談記事(1997年8月14・16日号)は衝撃だったと。

「当時、俺はプロレスを大河ドラマのように捉えていたからね。ずっといがみ合っていた師弟が再会して、許しあう姿に本当に感動しちゃって。週プロじゃなくて、週プレに掲載されたスクープ記事。よく覚えているよ」

猪木×前田(1997年8月14・26日号)
格闘界を背負っていたふたりが歴史的和解! なぜ、前田は猪木を批判し続けたのか? なぜ、猪木は前田とシングルマッチを避けたのか? スクープ発言の連続に日本中のプロレスファンが熱狂した。

―後に、この記事を担当したライター(佐々木亨さん)からインタビュー取材(「いきもん伝」2013年7月15日号)を受けられています。

「俺が猪木×前田対談に衝撃を受けたことを知っているから、インタビュー原稿が対談からの引用に次ぐ引用で構成されているんだよね。今、まとめている本でその一部を再録しているんだけど、担当編集者から『何が書いてあるかわからない』って言われてさ。そりゃそうだよ? 俺が読んだって、ワケわかんないもん!」

―ある意味、博士に“シュート”を仕掛けたような記事でした。

「読者というより、完全に俺に向けて書いてあるからね。この取材は橋下徹(当時、大阪市長)の発言にムカついて番組を降りた直後に行なわれたもの。かなり細かいところまで語ったはずだけど、上がった原稿は引用と妄想のオンパレード。唐突にあんなことやるからワケわかんないけど、週プレでは許されちゃうのが面白いよね」

いきもん伝(2013年7月15日号)
テレビ大阪『たかじんNOマネー』の生放送中に、橋下徹大阪市長の発言をめぐって博士が途中退席した事件の裏側をインタビュー取材…だったはずが、全編にわたって猪木×前田対談からの引用で記事が構成された。

―そういう許容というか、遊びの部分はこれからも大切にしたいものです。他にも博士は日記で週プレの記事にたびたび言及されております。

「岡山の記事(2013年5月20日号)があったでしょ? この前、TVの番組で『倉敷市に移住するのがどれだけアドバンテージがあるのか?』というテーマで討論したんだけど、手元に資料がないのに震災リスクがどうとか、次々にトピックが思い浮かんでさ。後で、あれは週プレの記事だって気づくんだけど。古館さんがブルーハーツを語る記事(2015年3月9日号)もよかったね」

岡山、古舘×ブルーハーツ(2013年5月20日号)
原発事故後、移住先ナンバーワンと人気を集める岡山県を特集。安全度から桃太郎伝説までをレポートした12ページの大特集。

1 2 3